おすすめアンテナ工事業者比較ドットコム

テレビの地デジ放送のみブロックノイズが入る!原因とすぐできる対処法は?

LINEで送る
Pocket

テレビの地デジのみブロックノイズが入って困っている人

テレビの地デジ放送のみブロックノイズが入る!原因とすぐできる対処法は?

この記事を読むための時間:3分

テレビでBS(衛星放送)は見られるのに、地上デジタル放送がうまく映らない」「地デジ放送にのみブロックノイズが入るのはどうして?」電波障害の症状を調べると、このような問題がたびたび検索でヒットしますね。BS放送も見ている人は、そちらでは電波障害が少ないこともあって、一層気になってしまうことでしょう。でも、原因を知ってそれを踏まえた対策をすれば大丈夫

 

この項目では、地デジのチャンネルにブロックノイズが入りやすい理由と、ご家庭でもすぐできる対処法を解説します! 

地デジのみノイズが入るのはどうして?周波数の仕組みを知ろう

そもそも、BS放送よりも地デジの方にノイズが多いのは、どうしてでしょうか?その理由は単純で、地デジはBSに比べて、利用できる周波数の範囲にも、送れるデータ量にも、かなりの制約があるからなんです。

そもそも周波数とは?

周波数とは、電気が振動して起こす波(電波)が繰り返される回数です。数が大きいほど「周波」も高くなり、よりたくさんのデータを送れるようになります。同じ周波数の電波同士が互いにぶつかりあうと、送られるデータが乱れてしまうため、国内外のテレビ局・ラジオ局等は協議しあって、放送に使う周波数を決めているのです(この使える周波数の幅を「電波帯」といいます)。

地デジは送られるデータ量がBSよりも少ない

ここで地上波とBSと、それぞれが利用している電波帯の周波数を見比べてみましょう。

 

日本の地上波テレビ放送に割り当てられている周波数の範囲は、1チャンネルあたり470~710MHz。他方、BSでは12~13GHzと、圧倒的に高い周波数で、より多くのデータを送ることができます。そのうえ地デジ放送は、周波数節約のために、データが圧縮されています。そのためデータを戻すときに画像が荒くなり、ブロックノイズの量が増えるのです。

地デジは携帯の電波帯が近く、混線しやすい

引用元:700MHz利用推進協会 公式WEBサイト
引用元:700MHz利用推進協会 公式WEBサイト

 

さらに近年は、携帯電話が使う周波数も地デジに近く、電波が邪魔しあうことも少なくありません。地デジ化による放送データの圧縮に伴い、テレビが開け渡した電波帯が、携帯電話の回線に割り当てられつつあるからです。

 

そもそもがテレビ用の電波帯だったため、近くにある現行の地デジの電波帯と邪魔しあい、ノイズが起きやすくなっているのです。なお現行の地上波でBSと同じ周波数を使うと、健康被害が懸念されるため、これ以上に周波数を上げることは難しいでしょう。

ブロックノイズを止めるにはどうしたらいいの?

地上波放送は利用している周波数が低いため、画質が悪くなりやすいことがわかりましたね。では、このノイズを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

時間に余裕があるなら業者に依頼するのが一番

最近では、多くの公的機関が電波障害の解消に取り組んでいます。主な相談先には以下のようなものがあります。

 

  • 総務省「テレビ混信対策センター……地デジ放送の受信障害で困っている人に、対策費用を一定額補助してくれる。
  • 700MHz利用推進協会……携帯電話会社複数社が設立した、一般社団法人。携帯映像の乱れやブラックアウトに対して、無償で調査や回復作業を実施してくれる。
  • 「受信環境クリーン協議会」……受信不良に関する相談を受け付けており、それを踏まえたうえでアドバイスをくれることも。全国に支部があるので、悩んだときはここへ電話を。

 

もちろん全ての問題が解決するわけではありませんが、受信障害には電波自体に問題があり、自分ではどうしようもないケースもあります。時間に余裕があるなら、一度相談をしてみると、その後どうするかも考えやすくなるでしょう。

設備を追加してアンテナの受信強度を上げよう

それでも「ブロックノイズも軽微だし、自分でなんとかしたい」とお考えの方は少なくないと思います。自宅である程度対処できる問題は、主にこの2点です。

 

  • ケーブルの接触不良や配線ミスなど単純な問題
  • アンテナ、テレビ等の機材が劣化し、電波をうまく受け取れない


まずは配線部分の掃除や再接続をしてみましょう。それでも治らなかった場合は、ご自宅のアンテナやテレビが電波を受信する力(アンテナレベル)を上げると良いでしょう。具体的にはアンテナレベルに合わせてブースターやアッテネーターなどを利用し、受け取る電波信号を調節します

 

ブースターは受け取る電波の量を増幅し、アッテネーターは強すぎる電波を弱めてくれるものです。つける前からアンテナレベルが低いときはブースター、低くない・むしろ高すぎるときはアッテネーターを取り付けると良いでしょう。

 

どちらも通販で簡単に買うことができるので、以下の表を参考にして、買うべきものを決めましょう。

 

メーカー アンテナレベル目安
パナソニック 44以上
シャープ  60以上
東芝 22以上
三菱 50以上
日立 60以上
SONY 緑(数値ではなく色で表示)

 

なお、アッテネーターの付け方については、この記事も参考にしてみてください。

まとめ

この記事では、地デジのチャンネルにブロックノイズが入りやすい理由と、ご家庭でもすぐできる対処法を紹介しました。もう一度、ポイントを振り返ってみましょう!

 

  • 地上波放送は使える電波帯が狭く、ノイズが出やすい
  • 携帯の電波帯とも隣接しているので、テレビの電波が荒れることもある
  • 機材で電波を受信しやすくしたり、業者を頼ったりするのがおすすめ

 

長くテレビを使っていると、ブロックノイズが起こることもありますが、なるべく早めに対策をしたいものですね。

100人に1人がタダになる!開運運試しキャンペーン

CCC

上限なし!工事施工費+部材代すべて対象!
平面アンテナ・BS・ブースター等の設置も追加料金なし!
※対象となる部材のメーカーは基本的にサン電子となります。その他のメーカーをご希望の場合は別途ご相談ください。
1等 アンテナ工事代 全額無料

この地域のおすすめアンテナ工事業者

CCC

アンテナパンダ
業界最長15年の安心保障!施工実績2万件以上と実績も十分。
最近ではテレビCMも行っており満足度調査で三冠達成などアンテナ工事業者ではおすすめの会社です。

アンテナパンダお問合せフォーム

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    PAGE TOP